W2R特長
バリアフリー × 既設水路再生
既設歩道や民地、周辺住民などに対して影響が非常に少ない、環境に大変やさしい工法です。
Rカッターの切断面は平滑で、切断後にPca蓋を設置することで施工性に優れ工事期間の短縮が図れます。
Rカッターは側溝を傷めることなく、内側より切断できます。従来工法のハツリ作業の3Kを改善します。
R側溝蓋は、施工性に優れます。
R側溝蓋は、歩行性、排水性に優れます。


改良前   改良後
交通バリアフリー法により歩道のセミフラットが基本となりました。 after W2R工法は既設側溝の切り下げに最適な工法です。

W2R工法施工手順(概要)へ
側溝蓋修繕工法比較表
  A B
項目 従来ハツリ・蓋上げ工法+コンクリート蓋 R切断工法+WR側溝蓋
参考断面
施工フロー
施工事例
特徴 ●一般的なコンクリート蓋
●JIS側溝蓋3種等 車両が隣接して走行する事はまれで、走行することはあっても、一時退避などで低速で走行する場所に限定される。走行頻度が多い乗入れ箇所は基本的に不可。
●コンクリート打設部分の養生が必要になるため乗入れ部の即日開放が困難
●施工性に優れる
●周辺の環境に対して大変優しい工法である。
●WRカッターは側溝の内面から切断できる。
●WRカッター側溝蓋は中心部にスリットを設けているため排水性に優れ1枚が2mタイプのため走行性にも優れている
●T-25縦走(乗入れ可)
●乗入部の即日は開放が可能(但し施工条件による)
排水性 スパンごとのグレーチングによる集水 スリットによる集水
施工性 ハツリ作業→型組→コンクリート打設→養生→蓋施工と施工性は非常に悪い × Rカッター切断後、WR側溝蓋を施工するため施工は容易
バリアフリー性 手掛けにより悪い 歩行性がよい
耐久性 がたつきが出やすい がたつきが出ない(乗入れ対応可)
メンテンナンス性 しやすい ややしにくい